FC2ブログ
チビコリ飼育/28日目


タイトルは4週目ですが、正確には6/2で1ヶ月になりました。

ここにきて残念な報告をしなければなりません。

先週の土曜日に1組のチビコリ2匹を★にしてしまいました(T-T)

1匹はおそらく浮いてしまっていた子だと思うのですが、
もう1匹はマッタク予想外でした。

その日の朝はチョット多めにブラインとベビーフードをあげてしまい、
しかも両サイドのシャッターを閉めたまま、仕事に出ました。

家にいたオットから「なんかケースの中の水が濁ってるけど大丈夫?」と
メールを貰ったのだけど、慣れないオットに
「シャッター外して」とも言えず、そのままにして夜、家に帰りました。

ら、2匹が・・・

いつもより餌がたくさん残っていたので、それで水が急激に汚れたのかな。
しかもいくらかの通水はあったハズなのにそれすら間に合わなかったほど。

だけど、今までそんなに餌が残っていることはなかったので、
おかしいなぁと思いつつ弔い&ケース内の掃除をしてひと段落。

それでも、他のチビコリ達もイマイチ元気がないのです。

思い当たる節は・・・ケースを2週間くらい掃除していなかったこと。

見た感じはひどく汚れているという感じではなかったし、
ケースの底面がチョット曇っていた程度だったのですが、少量入れていた砂が、
もしかしたらカナリ汚れていたのかもしれません。

毎日朝夕と掃除の時に砂に混ざってしまった餌を
吹き上げるようにしていましたが、
それでも目に見えない所でだいぶ汚れていたのかも。
それで餌食いが落ちた、と考えられるかと。

このままでは他のコリ達も危ないかも!と思いなおして、
スグにケースの掃除を行うことにしました。

ケース洗浄後はチビコリ達はスッカリ元気を取り戻したので、
やっぱりケース&底砂の汚れが餌食いを悪くした原因だったようです、大反省。

100531-2.jpg

100531-3.jpg

大きさは全長15ミリ超え程度なので、目標には届かず。
やっぱり1ヶ月で20ミリは難しかったですね(^-^;)
もっと頻繁に餌やりができないと無理かもしれません。

チョットだけ体高が出てきたのと、幼魚班は相変わらずで何のコリだかワカリマセン。
でもアイバンドの素?は一層黒々としています。
コレが背とアイバンド以外はまっ白なデヴィドサンジィになるなんて、
チョット信じられませんねぇ。

2組の方はヨークサックも無くなって、
ブラインとベビーフードの給餌をはじめています。
2組はこれからが勝負どきですね。

1組も人工フードとアカムシを食べる練習中です、
ブラインとベビーフードに慣れていると、ナカナカ食べてくれませんねぇ。
アカムシは口に入れることはしますが、うまく食べられないみたいですし、
人工フードは完全にスルーするのでまだ「餌」という認識が無さそうです。

夢にまで見たコリドラスの子育ては、なかなかタイヘンです~(^-^;)

100531-4.jpg
おヒゲも立派になりました♪(1組/孵化から28日目)
スポンサーサイト



  [category: チビコリ飼育記録
事件ですっ!
先週、1組が入っているスリットケースを、
まるっと洗った時に事件は起きました・・・

ケースを洗った後、水槽に浮かべたケースにチビコリを移す前に、
チビコリが入っているプラケの水が多かったので、
チョットだけ本水槽へ入れようと思ったのです、ちょっとだけ。

そしたら・・・1匹のチビコリが何を思ったか、ぴゅーんと猛ダッシュで本水槽へ。

全員、底の方にいたので、まさか猛ダッシュする子がいるとも思わず、
完全に油断しきっていました(^-^;)

1度は網で掬おうとしたのですが、他のコリ達が暴れまくるし、
小さいので物の影に行かれると出てこないし素早いし。
掬っている途中で「もういいや、このまま成長するか見てみよう」という気に。

100531-1.jpg
大きい水槽の中では目立ちにくい幼魚班デス


たった1匹だけで大海原に旅立たせてしまったのは寂しそうですが、
孵化後3週間程度で本水槽へ放流して生き延びられるのかどうか、
見てみたいと思います。(ちょっとスパルタ?)

実際まだアカムシはマトモに食べられないだろうし、
フードもそんなに食べている風もないので、
食べるものがなくて餓死してしまわないかそれだけが心配なのですが。

餌時間にその1匹を見つけられたら、なるべく近くにチビコリ用の餌を、
スポイトで吹きかけてあげると、スグに反応して食べていますね。
カナリお腹が空いていることでしょう(>_<)

ただ、水槽内はケース内と違ってイロイロなものがあると思うので、
なんとか食べ物を探して成長してほしいなと思います。

この一匹チビコリ(一匹狼風)はまだ小さいので、
水槽を左右に分けている仕切りの隙間を通り抜けられるので、
レイノルジィルームとゴッセイ&アクセルルームのどちらにも行けます。
けれど見ていると、主にレイノルジィルームにいることが多いです。

ウチのレイノルジィはビックリするくらい動かないので(^-^;)
チビコリなりに安全な方を察知しているのかもしれません。
ゴッセイ&アクセルルームはアクティブですからねぇ・・・

底砂掃除の時だけ、吸い上げたり傷つけたりしないように気をつけなきゃ。
ってその前に逃げますよねきっと(^-^)

  [category: チビコリ飼育記録
チビコリ飼育/35日目

前回の4週目、一ヶ月で記録するのを止めようかと思ったのですが。
チビコリはゆるやかですが成長とともに変化していきそうなので、
もう少し続けてみようかと思います(^-^)

一応、目標は親と同じ姿になってあとは大きくなるだけ、
というところまで記録できたらと思います。<あくまで目標

前回、一ヶ月目前の土曜日に2匹が★になり、
微妙にヘコんでやっと立ち直ったのもつかの間。

また先週の土曜日に1匹★に。

なんでなの(T-T)

思い当たる節は・・・木曜~金曜の水換え?

チビコリケースが浮いている本水槽の水は、
水換え時には1/3程度入れ替わるのですが、
もしかしたらそれでPHショックを受けている、とか。

いやいや、でもさーそれなら今までも何度も水換えしてるし。
もっすっごい小さい頃から水換えしてるし。

他のチビコリは大丈夫なのを見ると、
弱い固体から★になっていると思うしかないのかも。

現在、ケース内6匹と本水槽に1匹で計7匹です。

本水槽に出てしまった子もなんとか頑張ってますヨ。



全長は・・・測るの忘れましたが、16~18ミリくらいだと思います。
一ヶ月を超えたあたりから、幼魚班の模様が細かくなった気がしたのと、
透明がかっていた体色が、乳白色に変わりつつあります。

初め「ぐ・・・具合悪いのっ?」と心配してしまいましたが、
お腹も透けなくなって食べたものが判りにくくなっているので、
成長過程の変貌なのでしょう。

いまだに水作のフローティング式のスリットケースで育てていますが、
たった6匹なので、なんとかいけてる感じです。

明らかに飼育環境としては狭いので、運動量が足りないだろうし、
成長過程に支障がありそうで気にはなるのだけど、
もう1つ水槽を立ち上げる気はさらさら無く( ̄▽ ̄*)

アカムシと人工フードを食べられるようになったら、
即座に親水槽の45コリドラ荘に合流させるつもりです。

それまで今のケースでもつかなぁ、どうかなぁ。
このスリットケース、もうちょっとだけ大きかったら使いやすいのにー。

あ、ちなみに。
1組の引越し先用に、
サテライトを60コリドラ荘に設置して稼動したみたのですが。

う・・・うるさい(>_<)ぽこぽこぽこぽこ#

しかもLowタイプの水槽に掛けると、妙な存在感をかもし出していて、
数時間稼動しただけでスグに片付けてしまいました。

なので、仕方なしにもう1つ同じ水作のスリットケースを買ってきて、
2組チビコリもそちらで飼育して、
1組は引き続き同じケースで飼育しております。

各水槽に1つずつ浮かべて、
どんだけスリットケース好きなんだって感じですが、
掃除だけしていれば水質は本水槽のものなので気にしなくて良いし、
ラクなのですよー、フィルターとかヒーターとか別にいらないし。

水作さん、Lサイズのフロートボックス作ってください!


  [category: チビコリ飼育記録
デビさん食欲減退

放射状に並んでみました

45コリドラ荘の5匹のデビさん達は、最近どーも食欲が無いご様子。

一時はミナミヌマエビが爆殖してしまい『エビ絨毯』ができていたので、
そのせいでデビさん達が餌を食べないのかな、とも思っていましたが。

ミナミヌマエビをお店に引き取ってもらって、だいぶ数は減ったのですが、
それでも食欲が無いご様子。

水質検査をしても、硝酸はさほど溜まっていないし、
アンモニアも亜硝酸も出ていない。

週に1度は水換えしてますが、それでもまだ水が汚いっていうのだろうか?

気になるのはフィルターのホースがちと汚れぎみなのだけど、
詰まるまではいっていないので、まだ大丈夫と踏んでいますが。
(詰まるまで放っておくつもりはありませんヨ)

なーんだろう?

ミナミヌマエビを掬うのに水槽内に度々網を入れたから?

チョット前にワシャワシャになったミクロソリウムを撤去したから?
「影が少なくなったじゃないの!バカバカっ#」って怒ってる?

朝になって食べずに残っている変色したアカムシを見ると、ちょっと心配です。

まる一日、絶食してみますかね、それで食欲が戻るといいのだけど。


  [category: コリドラス
| HOME |