FC2ブログ
嬉しいお知らせです♪♪♪
話しは連休前に戻ります。

100501-1.jpg

4/28(水)にデビさんがまた産卵しました!
今回は大量!70個です!

2月からの産卵は9回目になります。

これまでは数個~20前後が多かったのですが、
前回53個と増えて、今回は70個。
徐々に増えてますね~♪

で、それにしても上の画像のプラケの卵は数が少ないですよね?

はーい♪有精卵が10個もありましたよ、うふふ~♪
大事な10個がカビては嫌なので、無精卵は早々に撤去しました。

70個中、10個という受精率の低さなんて気にしません、
前回のたった1個よりは格段に嬉しいです(^-^*)

100429-1.jpg

↑この画像は産卵翌日の1つの卵の様子です。
他の卵も同様に、有精卵か無精卵かは判断がつきにくいです。

ただ、画像に撮って拡大して見ると、こんなカンジに、
内部に核が見えてますね。

同じ卵の三日目はコチラ↓

100501-2.jpg

内部に黒い模様のある稚魚がいるのが肉眼でも判りました。
確か2日目から内部がクルクルと動いていたと思います。

下の画像↓で動いた感じが判るでしょうか。
定点で撮った画像です。

100501-3.jpg

さて、この10個の有精卵のうち、何個が孵化するでしょうか!
長くなるので続きはまた次回に。

スポンサーサイト



  [category: チビコリ飼育記録
コリ卵孵化!
デビさんが4/28に産卵した卵は、大体4~5日で孵化するとしたら、
孵化予定日は5/2~5/3となります。

出かける予定があったので、
連休真っ只中に孵化?と知ってチョット焦りました。

卵を採取している時に嫌な予感はしたんですよね、
「今回の卵に有精卵があったら連休にかかるなぁ」って。

出かける予定は1~3日で、3日に一度家に戻り、
スグその日に出かけて1泊し翌日4日に戻る、という予定でした。

有精卵があった♪と喜んだのもつかの間、連休が始まり出かけてしまい、
3日に家に戻ったら既に孵化していた、という状況でした。

おそらく3日あたりに孵化したのではないかと思われるので、
今後は5/3に孵化したものとして経過日数を記録することにします。

もしコレが連休中じゃなくて私が家にずっといたら、
きっとコリ卵に気を取られまくって、
ずーっと水槽の前に貼りついていそうなので、
ある意味、出かけていて正解だったのかも(^-^;)
私が家にいなくたって、ちゃんと孵化していましたから。

5/3(月)【孵化日】
100503-1.jpg

ハイ!無事に孵化していました!
我が家では初のチビコリですよ~♪

10個の有精卵は全部無事に孵化して10匹のチビコリ誕生です。

なんだか顔がヘンですよ・・・怒ってるんですか?て顔ですね(^-^;)

大きさは時間が無くて計測できていませんが、
見た感じだと全長5~6ミリ程度だったと思います。

思ったよりシッカリと大きくて、しかも動きも素早くて驚きました。

この日は家に戻ってスグに出かける、という忙しい日でしたので、
他のコリ達にエサやりをして、チビコリプラケの抜け殻と底面を掃除し、
本水槽の水を少し足しただけで、たいして観察もできませんでした。

あれだけ待ち侘びたチビコリ誕生なのに、連休中だったため、
バタバタしているうちに過ぎてしまった感じです。

嬉しさをかみ締める余裕がほしかった~(>_<)

5/4(火)【孵化から1日目】

100504-2.jpg

4日の夜に家に戻り、おそるおそるチビコリプラケを覗く。

ちゃんと10匹とも元気にしていました、ほっ☆

まだオナカにヨークサックがあるのでエサはあげていません。
お食い初めは孵化から3日後くらいが目安らしいので、
ヨークサックの大きさを見ながら、エサやりを開始します。

この日のお世話は、底面に溜まったゴミ掃除がてら1/5程度の水換え。
ちょっとずつ本水槽の水に慣れてもらっています。

100504-3.jpg
チビコリーズ♪

ふふ、丁度4匹が並んでくれていたので激写!
コリドラスとはまだ思えませんが、かーわいいです♪

100504-4.jpg

100504-1.jpg

既に7ミリを超え、8ミリ近くもある子がいます。
ヨークサックでの成長は著しいとは聞いていましたが、本当ですね。

初エサは冷凍プラインベビーかアルテミアどちらにするか迷いましたが、
ひとまずアルテミアを与えて、食べるようになったら、
ブラインシュリンプベビーを少しずつ混ぜてあげるようにしてみようかと。

ブラインでぐんぐん成長してもらいたいけど、
朝など時間の無い時は乾燥餌の方が楽だし。
どちらかしか食べない、というのでは困るので、
できるだけ両方の餌を食べてもらいたいなと。

そんなに上手くいくとは思えないですけど(-。-)
ひとまずやってみます。

チビコリ飼育は初めてなので、手探りの事が多く大変ですが、
なにせ待ちに待った嬉しい出来事なので♪
1匹でも多く成魚まで育てられるように頑張りまっす!

  [category: チビコリ飼育記録
チビコリ飼育/2日目
100505-2.jpg

日に日にヨークサックが小さくなっていきます。
それに伴い、チビコリの成長著しいですね。

今回、卵を孵化させたのは、10センチ程度のミニミニプラケです。
コレをフローティング式に改造し、本水槽に浮かべ、
水は水道水(温度調整済)にグリーンFリキッドを2滴の水です。

初め70個の卵を入れてしまったので、水の汚れが激しかったのですが、
無精卵を片付けた後に、1/3ほど水換えしました。

孵化後は、私もまだ稚魚の扱いが慣れないので、
ヘタに稚魚を移動させない方が安全と考え、
孵化に使った水をそのまま使い、毎日1/5程度の水換えをして、
徐々に本水槽の水に慣れてもらうようにしています。

ミニミニプラケでは、給餌が始まると水の汚れが気になるので、
チョット大きいプラケに引っ越した方が良いかもしれません。

ある程度大きくなってスリットから脱泳しないようになったら、
スリットのあるフローティング飼育ケースで育てるつもりです。
コレだと通水があるので、底面の汚れだけ気にしてあげれば、
毎日の水換えはしないで済みそうですし。

早くスリットから通り抜けられない大きさになってほしいです。

100505-1.jpg
サングラス?

  [category: チビコリ飼育記録
チビコリ飼育/3日目
チビコリが孵化してから3日目の記録です。

ブログ更新の日付とは少しズレてお届けしていますチビコリ飼育日誌。
孵化したのは5/3ですがタイトルの経過日数が正確な日数です。

既にヨークサックが小さい子とまだパンパンな子が混在。
食べるかは判らないけどニチドウ『ベビーフード』を微量与えてみました。

100506-7.jpg

100506-6.jpg

体格がちょっぴりシッカリした感じで、上下にヒレっぽい薄い膜が形成されている。
だいぶ肉眼でも様子が判るようになったので、
やっぱり日一日と大きくはなってるんですねー。

大抵は底面にいて、動いてもオナカを付けたままチョロチョロ~っと泳いでいますが、
たまに水面方向にすごい勢いで泳いだり縦横無尽に暴れる子もいて、
「なんだ普通に泳げることは泳げるのね」と安心。

100506-1.jpg

隠れる所があった方が安心するかな?と思い、
割れた器の破片を入れてみたけれど、
掃除をする時に邪魔だし移動させるだけでチビコリを潰してしまいそうなので、
撤去撤去( ̄▽ ̄*)清潔一番♪

100506-5.jpg

それにしても正面顔がヘン顔でカワイイ♪可愛すぎる。

100506-2.jpg
上から見たチビコリ

100506-3.jpg
コリドラスには見えない・・・

100506-4.jpg
あれっ!?もうおヒゲがはえてる?


  [category: チビコリ飼育記録
チビコリ飼育/9日目

100511-1.jpg
8日目のチビコリ(デヴィッドサンジィの稚魚)

1週間を飛び越して9日目になってしまいました(^-^;)
10匹全員すくすくと育っています、軌跡です♪

昨日、ミニミニプラケからフローティング式のスリットケースへ引越ししました!

引越し前に水あわせをしつつ、ブライン給餌。
(※ブラインは冷凍ベビーブラインシュリンプです)

見ていると「チョット怖い」てくらい「がっついて」食べています( ̄▽ ̄*)
ブラインのかたまりに頭を突っ込んでガツガツと・・・お行儀悪いですよー

で、チョット他の事をして戻ってみてみると・・・もう殆ど無いのですブライン。

チビコリが泳いでブラインを撒き散らしているせいもあるのですが、
それでも最近は、かなりの食欲ですねぇ。

それで今朝、スリットケースのチビコリ達に給餌すると、
イマイチ食いが悪かったのでチョット心配してしまいました。

昨日までの傷みかけ水から本水槽の水に変わったので、
ビックリしているのかもしれませんね。

最初から本水槽の水で水換えはしていたので、
PHがそれほど違うことはないと思いますが、
汚れ具合で水質も違ってくるでしょうから、
何らかのショックを受けなければよいですけど。

前日にあの『バカ食い』を見ているので、同じように食べてくれないと、
チョット心配になってしまうオヤゴコロ。

見た目の変化は、全長はそれほど伸びていない感じですが、
背ビレができ始めています、ピョコっと♪カワイイです。
目もただの真っ黒から白目(?)の部分ができて眼光鋭い感じになってきてます。
この頃ってこの目のせいかあまり可愛くないですね顔は。

モフモフもますます力強くなり、
底面だけでなく壁面もモフモフできるようになりました。
結構上方まで縦横無尽に泳いるのと、餌探しに目覚めてからは
カナリ活発に動き回るようになりましたね、なかなか画像にうまく収められません。

あと私の影に驚くようになりました。
コレはあまり嬉しくない成長ですが、
コリドラス元来の習性なので仕方ないですね(^-^;)

フローティング式のスリットケースは、使ってみると思っていたより小さく、
チビコリがもう少し大きくなったら早い時期に窮屈になりそうです。

100511-2.jpg
クチがコリドラスっぽくなったよー♪

  [category: チビコリ飼育記録
チビコリ飼育/14日目
100517-2.jpg

チビコリ達は無事に2週間目を迎えることができました!
10匹全員が育っているなんてキセキですよ☆

もう、飼育ケースの中をビュンビュン泳ぎ回っているので、
じっとしていなくて画像に収めるのがタイヘンです(^-^;)

全長は11~12ミリ程度ですが、頭というか胴というか、
太めになってきています。
幼魚班もハッキリと出てきてブチブチですねぇ。
コレが消えるとデビさんの姿に向かっていくのでしょうけど、
あと1ヶ月はかかりそうですね。

17日は2週間を記念して(?)飼育ケースの掃除をしましたが、
スリットのある飼育ケースから、
他の容器に仮移動させる作業が慣れていないので怖かったですー(>_<)

飼育ケースだけを持ち上げたら
チビコリ達は水の無いケースの中でクッタリしちゃうので、
なんとかサイズのあった容器で飼育ケースごと掬って、
チビコリが水上に出ないように飼育ケースだけを取り出す、
というワザが難しかったデス。

でも、気になっていた汚れも掃除できてピッカピカになったのでヨカッタ。

ビュンビュンと泳ぎ回るのは良いのですが、
餌のブラインを撒き散らしてしまうので、今はソレが悩みどころです。

入れたブラインの1/3は水中に舞ってるのでは?ってほど。
コレが生きたブラインならそんなに浮遊することもないのかもしれないけど、
冷凍ブラインなので動かないし、
その浮遊した分はチビコリは食べられないですからね。

なので今は、ブラインにベビーフード(アルテミア)を混ぜて
あげるようにしています。
ベビーフードは底に沈んでくれるので、ブラインが舞って量が少なくなっても、
底にあるベビーフードを食べられる、という作戦です。

今考えてみると、給餌し始めて4~5日は餌が足りていなかったんじゃないか?
とも感じています。
オナカがパンパンになってませんでしたからね。

ソレに気づいてオナカがパンパンになるように、
少し余りぎみな量をあげるようにしてからは、
成長のスピードがぐんと上がった気がしています。

100517-1.jpg

通常は餌のあげすぎは水も汚すので良くないにしても、
稚魚のうちは「余ってもたらふく食べさす」くらいが成長にはさそうです。

私は、浮遊して食べ残されたブラインを、
できるだけ本水槽に流出したくないので、
結局スリット飼育ケースに移しても、水換えの手間がかかってるんですよね。

残ったブラインを水槽内に放出しても構わないなら、
シャッターを開ければ水の入れ替えはされるのでラクですが、
シャッターを開ける前にある程度の残りブラインを吸い出して、
それからシャッターを開けるようにしています。

舞ったブラインが時間が経って底に沈んでくれれば問題無いんですけど、
小さくて軽いせいか、なかなか沈んではくれないのが残念なところです。

孵化から5~6日目の頃は、
ベビーフードよりもブラインの食いつきが良かったので、
ベビーフードはあげていませんでしたが、
ここにきてベビーフードもちゃんとオナカに入っているのが透けて見えるので(^-^;)
食べてくれているんだなーと一安心。

デジカメで撮って拡大してみると、チビコリのオナカに、
丸い形のベビーフードが沢山詰まっているのが透けて見えて面白いです。

おそらく孵化したての頃はベビーフードの粒すら大きくて、
単に食べられなかったのかもしれませんね。

目標は1ヶ月で20ミリ!・・・いや18ミリになったらOKかな。
なんとか全員元気に1ヶ月を迎えられますように(^-^)

  [category: チビコリ飼育記録
48個でした


はいー、デビさんが3週間ぶりに産卵してくれました♪

今回は48個でした。

朝採卵して、半日経過してなんとなくですが、
有精卵かな?という卵が9個ほど。

画像の赤丸が有精卵ぽい卵で、左側面にも3個ほどあります。

まだ全部が孵化するかはワカリマセンが、
前回は70個中10個で11%くらいの受精率でしたので、
今回は48個中9個だとしたら18%くらい。

少しだけ受精率が上がったことになります。

まだ、ワカリマセンけどね(^-^;)

でもこれ、何匹か判りませんけど孵化したとして、
1週間くらいは通水無しプラケで水換えしながら育てるにしても、
それ以降はどうしましょ?
スリット飼育ケースは先陣が生活しているし、
まだ本水槽へは放流できる段階じゃないのでケースは空かないよ。

孵化するのは来週の水曜~木曜あたりだと思うので、
それまでにチョット考えたいと思います。




  [category: コリドラス
チビコリ飼育/21日目
いや、大人コリドラス達も元気にしてるんですけどね、
ついチビコリ記事になってしまいます。

ま、そのうち自分でも飽きると思いますので( ̄□ ̄*)
少しお付き合いくださいー♪

2010/04/28 産卵
2010/05/03 孵化(留守にしていたので推定)

5/24でメデタク3週間を迎えることができました~♪

100524-1.jpg

100524-2.jpg

全長は13~14ミリくらい、脂ビレもできてきています!
背ビレも尾ヒレも腹ビレもシッカリしてきていますね。

やっぱり各ヒレができてくると、泳ぎも上手になるんですね、
10匹元気にケースの中を泳ぎ回っていますヨ。

背ビレの付け根部分にバンドの素?となる点々がありますねぇ、
目の周りにもアイバンドの素になりそうな色素があります。

尾ヒレには、ゴッセイ?と思うような模様がありますが、
デビさんの尾ひれには模様が無いので、そのうち消えるんでしょうねー。

先週、17日目くらいに砂を少し入れてみました。
私としては、底面掃除がしにくくなるので、できれば入れたくないのですが、
チビコリ飼育先輩の情報によると3週くらいには入れた方が良さそうなので、
「先人の教えには従う」方向で。

チビコリにとっては砂といえどもおそらく川原の石くらいの大きさでしょうから、
さすがにエラからサラサラ出すなんて芸当はまだできないようです。
でも、一丁前に砂をモフモフする姿を見るとコリドラスだぁと感心します。

あ、あと徐々にですが『アカムシ練習』しています(^-^)

今のメインフードは冷凍ベビーブライン&ベビーフード(アルテミア)ですが、
細いアカムシを短く切ってあげると、ちゃんと食べますね!
誰が教えたでもないのに! <って当たり前ですが(^-^;)

まだ短いアカムシでも食べるのがヘタクソで大抵はエラから出ちゃいますけど、
アカムシをカットするのは結構集中力いるので、夜に時間がある時だけ、
餌やりの前にちょっとだけあげたりしています。

ドライフードも大人コリにあげるついでにチビコリのいるケースに落としたりして、
「こんなんもあるよー」的にあげてみています。

ウチは大人コリにはコリタブではなくてグロウDとヒカリディスカスをあげているので、
粒の小さいヒカリディスカスからあげてみています。
チビコリがもう少し餌を突っついて食べるのが上手になるといいのですが、
砂を入れた事でその練習にもなっていそうですよね。
早くドライフードも上手に食べられるようになるといいなー。

ドライフードもアカムシも食べられるようにならないと、
本水槽には放流できませんからね。

5/22に採卵した48個のうち、やっぱり有精卵は9個でした。

2日目には卵の中に稚魚の目か内臓か・・・黒い部分が見えていて、
たまーにですがクルっと動いていますね。
9個とも無事に孵化するといいですけど、
孵化予定は26~27日くらいでしょうか、楽しみです♪


  [category: チビコリ飼育記録
浮いちゃう子

デヴィッドサンジィ 孵化から3日目

22日に採卵したデビさんの卵は26日に8匹孵りました。
有精卵は9個あったのですが、1個は孵化まではいけずにカビてしまいました。

2組の子達はいまのところ、順調です。
と言ってもヨークサックのみで成長してますので、私は何もしていません。

さすがに2回目ともなると張り付いて見ていることはないので、
前回より冷静に仔育てをしたいと思います。

あと4~5日もすれば飼育ケースのスリットから出ない大きさになると思うので、
準備をしなきゃならないのですが、肝心の飼育ケースには1組が。

もう1つ同じスリット付き飼育ケースを買うことも考えましたが、
コレは買って使っていなかったサテライトを使ってみる良い機会かと。

稚魚飼育に初めてのものを使うのは、怖いのですけど、
そんなことを言っていてはいつまでも使えないし。

予定では、1組をサテライトに引越しさせ、
2組を空いたスリット飼育ケースに引越しさせるつもりです。

で、タイトルの子。

100529-5.jpg

1組の10匹のうちの1匹が、どうも最近『浮く』のです。

数日前から気づくと水面に垂直にぶら下がる形で静止していて、
「死んでる?」と思って振動を与えると、ピューっと泳ぎはじめていました。

初めは水面のバクテリアか餌の残りを食べていたのかな?と思っていましたが、
どうやら自然に浮いちゃうようです。

今朝も、見ていたら、みんなと一緒に底にじっとしていられないようで、
ふわ~っと尾ビレの方から浮いてしまっていました。

体格もちょっと小さめなので、
もともと内臓機能に問題があるのかもしれませんね。

ちょっと覚悟して見守ろうと思います(ー_ー)


  [category: チビコリ飼育記録
| HOME |