FC2ブログ
デビさん産卵第二クールか?!
3/30は満月でした、しかも1ヶ月に2度ある満月でブルームーン。

とは1日ズレて(^-^;)3/31に
デビヨさんが3週間ぶりに産卵してくれました~♪ウレシイッ♪

コレもコツコツと規定量以上のバイタルを入れた成果でしょうか、
ナンテ大きな声ではいえなですね。

3/27-水換え、バイタル5ml投入
3/28-バイタル5ml投入
3/29-バイタル5ml投入(一応ココで規定量)
3/30-バイタル5ml投入
3/31-バイタル5ml投入(その数時間後から産卵開始)

今回も前回同様にバイタル投入5日目でその夜から始まって、
翌朝には確認できただけで25個ほどの卵がありました。

うち3つは底砂に落ちていて上手く拾えなかったのと、
見た感じ無精卵だったので採取せず。

ひとまず、採取できる22個は孵化用プラケへ。

まぁ、ざっと見た感じだと『また』全てが無精卵のようですけど。
前々回、1個だけ有精卵という☆奇跡☆もあったので、
念のため採卵して2~3日様子を見ることにします。

またコンスタントに産んでくれるといいですけど。

ということは、とうぶん流木の入れ替えは中止ってことね(^-^;)

スポンサーサイト



  [category: コリドラス
浮き草
先日お迎えしたアクセル3匹を連れてきた袋の中に、
ナント!浮き草の切れ端が入っていました♪

しかも根付きなので、もしかしたらコレから増えるかも!
ナンテ都合の良いことを考えています。

お店のアクセルが入っていた水槽に浮かんでいた水草だと思いますが、
どんな水草だったかよく見ていなかったのと、
浮き草に関しては全く知識が無いので、
なんて名前の浮き草か全くワカリマセン。

100329-2.jpg

本当に小さな切れ端なので、これから育ってくれるかは判りませんが、
大きく育ったら、そのうち何て名前の浮き草か判るでしょうか。

実は、浮き草を欲しいと思っていたんですが、
どれを選んだら良いか迷っていたところなので、
ひとまずどんな浮き草でも切れ端でも嬉しいですー♪

お店の人も入れようと思って入れたのではないと思いますが、
今回は嬉しいオマケが付いていてラッキーでした。

ところで明日、またまた新しい仲間が到着する予定です!!!

ええ「また」コリドラスですが何か?( ̄▽ ̄*)

最近は1~2週間おきにチョコチョコと増えちゃっていますが、
明日来る子達でそろそろ打ち止めかなーと思っています、本当です。
60コリドラ荘は13匹にもなってしまうのでね(^-^;)

近くのアクアショップに探してもらうようにお願いしても、
なかなかいないようなので、痺れを切らして通販ポチしてしまいました。
送料かかるうえに生体を選べないし、輸送というリスクもあるのだけど、
早く自分の水槽で育てて大きくしたいし♪

ということで、明日は休みだけど早めに起きないと、
前回デビさん達が来た時のように、ピンポンで目が覚める、
なんてことになってはまたドタバタしちゃいそうです。

でも、どんな子が来るのか楽しみです♪

  [category: 水槽アレコレ
おコリ寄せしました♪


はーい!あたしたち、コリドラス レイノルジィっていうの。

見ての通り、輸送ストレスでメッチャ色飛びしてるんだけど、
本当はもっと渋ーいカンジなのよ。

100404-1.jpg

100404-2.jpg

新しい飼い主さんてば、
大きさが30ミリくらいのあたし達が来ると思ってたみたいで、
45ミリもあるあたし達4匹が来て、ビックリしたみたい。

いいじゃんね、大は小を兼ねるっていうし。
なにより、人見知りしてビクビクしないし、
背びれだってピンとしてるんだから、育てやすいってものよ。
新しい飼い主さんは初心者らしいので、あたし達みたいに、
プリッと元気な子が来て良かったんじゃないかしら。

そうそう、お店からの旅行中は、カイロも一緒に入れてもらったけど、
だんだん水温が下がってきて、着いた時には18度しかなかったらしいよ。
どうりで冷えると思ったわ、ま誰も体調を崩さなかったからよかったけどね。
お店を出たときは暖かかったのにサ、
どうやら北の寒い地方に来ちゃったみたいあたし達。

なのでしばらくプラケで室温に慣らしてもらって、
それから水槽に浮かべてもらったけど、
私たちの心配は、いつエサが貰えるかってことに尽きるわ。

聞いたところによると、大抵は水合わせってのが終わらないと、
エサは貰えないみたいなので、とっとと済ませてもらいたいわね。

とにかく、暗闇でずっと揺られて疲れたので、
ゆっくり休ませてもらうわ。

あたし達の本来の美しい姿はまた今度ね!

  [category: コリドラス
ミナミヌマエビ大量
100315-2.jpg

45コリドラ荘で増殖した2陣のミナミヌマエビは
お店で引き取ってもらってやれやれと思っていたところ、
その翌日、早速1陣生まれのミナミさんが抱卵していました( ̄■ ̄!)

1陣の8匹は、わかる限りでオスメスを分けて、
45・60コリドラ荘に入れていたのですが、
どうやら45コリドラ荘のメスにオスが混じっていたモヨウ。

なんてこと・・・

当分は増やさないで過ごせるなーと思っていたのに不覚です。

大急ぎでオスを探してメス水槽となっている45コリドラ荘から出さないと、
他のメスまで抱卵しちゃったら・・・オソロシイ(>_<)

今回、抱卵を確認したタマゴエビは初産なので、
もしかしたら脱卵するかもしれないしー、という淡い期待。

いや、本当に増えすぎはデビさん達の食事タイムに支障が出るので、
ほどほどにしていただかないとね。
餌投入と同時に『稚エビ絨毯』ができるんですから。

ま、私がオスメスの判別を見誤ったのが悪いんですが。

なんだかこれから爆殖地獄が始まりそうで怖いです。
お店で引き取ってもらえるのでまだいいですけど、
それでもお店に出すまでの期間がねぇ、稚エビ絨毯ですから。

こまったこまった・・・


  [category: ミナミヌマエビ
Co.レイノルジィ

Co.レイノルジィ(ワイルド)

日曜にウチに来たレイノルジィは、未だプラケでトリートメント中ですが、
来たその夜には本来の色柄に近い感じに発色していました。

うーん、やっぱりカワエエ( ̄ー ̄*)

この子達は、去年デビさん達を買ったのと同じティアラさんから来ました。
ティアラさんからはこの2回しか生体を買っていませんが、
2回とも生体はプリプリ元気だし、しかも大きめの子が届いたりと、
良い印象ですね、通販なので送料がかかるのが痛いという以外は。

オスメスがどの割合で混ざっているのか、
は腹ビレが殆ど同じなのでワカリマセンけども。

でも4匹のうち2匹のお腹が既にぷっくらしているのをハッケン。

100405-2.jpg

100405-3.jpg

もともとロレト系のコリドラスは丸々とは太らず、
スリム体型を維持するらしいのだけど、このオナカってば尋常じゃないです。

「腹水病?」などと心配しましたが、今のところ特に具合が悪い様子は無いし。

てことは・・・「抱卵ママ?」( ̄▽ ̄*)

抱卵ママなら、もっすっごい嬉しいけれども、けれども・・・
入居予定は60コリドラ荘(混泳水槽)なので、
せっかく抱卵していても産卵はできない可能性が高いですよね。

ううう、単独飼育したい~(>_<)

そもそも、事前にお店に「Sサイズの大きさ」を問い合わせたら、
「3センチ前後です」とのことだったので、
本当はMサイズ(5センチ前後)が欲しかったけれども、
まとめて4匹お迎えする手前、ちょっとコスト削減してSサイズを注文したのです。

で、届いてみたら4.5センチもある成魚サイズの子達で、嬉しいビックリ。

お店の人が間違えたのでしょうか・・・Mサイズと。
それともたまたまSサイズが売り切れちゃって仕方なくMサイズを送ってきたとか?

まぁ、私にとっては願ったりかなったりなので、よかったです、
Sサイズの価格でほぼMサイズの子が届いたので(^-^*)

60コリドラ荘に入居したら、レイノルジィはヒトキワ大きい固体になるけれど、
餌食いがヘタらしいので、小さいゴッセイやアクセルと
バランス良く食べられるといいけど。

ロレト系は初めてなので、餌を食べれているか、
しばらくはよく観察しなければなりませんね。

いやでも、ホントにカワイイです♪ <親バカバカです
  [category: コリドラス
古いですが『萌え萌え』です

ヤバイです、レイノルジィてば可愛過ぎです。
プラケにアカムシを入れると、モゾモゾモゾとオナカを付けたまま、
コロンとした顔でアカムシの方へやってきます。



まだ砂の上じゃないので、動きにくいのでしょうか。
他のコリのように腹ビレで立つ、とかホバリング的な移動ではなく、
終始オナカがぺったりと底についている感じです。

狭いのでちゃんと泳げていないのだと思うけれど、
そんな動きは腹ビレが擦り切れそうですよ、レイさん達。

  [category: コリドラス
アクセルに付いているもの


画像は2週間前にウチにやってきて、トリートメント中のアクセルロディ。
寄生虫など付いていないかガン見していた時に、
背ビレになにやらポチっと付いているのをハッケン。

アップでどん
100410-8.jpg

肉眼では0.5ミリ程度の白い点にしか見えませんが、
画像で拡大してみるとなにやら球形の卵かなにかに見えませんか。

もう1匹の尾ビレにも同じ感じで白い点が。
100410-9.jpg

最初は「白点病?」と思って様子を見ていましたが、
白点が増えるワケでもなく、広がるわけでもなく。

ただ、そのまま本水槽に入れるのは怖いので、
念のためグリーンFリキッドで薬浴中。

100410-2.jpg

先週、レイノルジィが来たタイミングでアクセル達は、
本水槽に入れる予定だったのだけど、急所それは止めて、
さらにプラケ生活続行中、のため60コリドラ荘の上部は
プラケで覆われています。

しかも、そうこうしているうちに、
背ビレに点のあるアクセルの鼻先にポヨンとした白っぽい物体が発生。
硬いものではなさそうなので、ぶつけた傷から出ているのか、
コレが本当の白点病なのか、水が悪すぎるので水カビ病とか。
あ、でも薬浴中に水カビは無いか。

100410-10.jpg

背ビレと尾ビレについている点が、もし寄生虫の卵なら、
今、薬浴しても卵は死なないですよね、たぶん。

心配なのは、プラケが小さいので、スグに水が汚れるのと、
おそらく既にアンモニア&亜硝酸が特濃と思われるので、
そのダメージが怖いのです。

かと言って、ヒレに原因のわからない点があるまま、
本水槽に入れるのもまた怖いし。

ひとまず、レイノルジィは寄生虫も見当たらないし、
先に本水槽へ入れて、アクセルはプラケ水槽を作って、
しばらく様子を見るとするかな。

うーん、何なのでしょうかヒレに付く点。


  [category: コリドラス
水換えに困る

困っています。

2本あるLow水槽の水換えが困難な状態です。

水槽の高さが無いので、
これまで使っていたプロホースプラスSが使えません。
しかも下段の水槽は致命的に排水されません。

代替のポンプがついた掃除用具は排水が早すぎて
底砂掃除をするヒマがないほど。

どうしたらよいのでしょう・・・

Low水槽は気に入っているのだけど、
こんな落とし穴があったとは。

ゆっくり底砂掃除ができる器具を探さなければ、
ウチにいるコリ達の死活問題に関わりますからね。

うーん、困った。


  [category: 水槽アレコレ
仕切り板つくりました

レイノルジーが60コリドラ荘に入居するにあたって、
ウチではお初♪の『水槽を仕切って飼育』というのをやってみることに。

まー結局『単独飼育』を強行するというワケですよ。

仕切るにあたって必要なものは・・・そう!仕切り板です。

仕切り板に求める条件は

・水通りが良い
・となりの混泳ルームが見えない(見えにくい)
・コリがケガをしない
・加工をするとしても自分でできる範囲の形状

水の通りが良いというのは当然の条件ですが、
今回はレイノルジィの繁殖を狙いたい、という下心があるので、
混泳ルームのチョロチョロとしたお隣さんの存在が、
少しでも見えにくいものが良いかと。

それで探してみるとスドー製「夏子と冬子の~」という仕切り板しか、
それしかないみたいですネ・・・。

でもこの仕切り板では、高さがありすぎて、
ウチのLow水槽で使うには加工をしなければならず、
見た感じこの製品は加工がタイヘンそうです。

それで、自作されている方はいる?と検索してみたら、
いましたいました!とってもリーズナブルなもので、
しかも使えそうなものを作っておられる方が!

で、そちらを参考にさせていただいて、チョットアレンジして
私が作ったのがコレ↓です。

ぱららららっぱら~♪
「Low水槽用仕切り板~」(ドラえもん風)

100410-3.jpg

100410-4.jpg

アップの画像を見ていただくと判るのですが、
材料は以下の4つ。

・鉢底ネット
・カラーバー(書類などを挟む為のプラスチック製のもの)
・ビニールタイ
・吸盤

上の3つは100均でも買えるものなので、
小さいサイズの吸盤だけは他で探すことになります。
私は以前買ってあった「チューブぴたっと」という水槽用品の吸盤の、
バンド部分を外して使いました。

今回買ったのは鉢底ネットのみ、他は家にあったので、
実質100円で材料が揃ってしまいました。
全部買っても600円くらいで済みそうです。

で、水槽のサイズに合わせてカットし組立て。

あ、鉢底ネットは面を触ると所々に突起があって、
コリが引っかかってケガをしてはならない!と紙ヤスリをかけました。
コレ大事ですね(^-^)

フィルターの給水口が無い側のネットにゴミが付きそうとか。
もしかしたら不測の事態があるかもしれないですけど、
ひとまず、水槽を仕切って使うのは一度やってみたかったので、
今回はよい機会なのでやってみました。

吸盤で固定しているのでサイズをキッチリ合せるのが難しく、
微妙に鉢底ネットが歪んでますが・・・まぁ許容範囲です。

色も黒なので、ネット状ではあるけれど、
透明なものよりは隣のコリ達は見えにくいでしょうし、
落ち着いて繁殖体制に入ってくれればイイナと思います。

100417-4.jpg

100417-5.jpg
レイノルジィルーム

100417-6.jpg
混泳ルーム(ゴッセイ&アクセルロディ)

あれ!フローティングプラケになにやら・・・?次回ご紹介します(^-^)

  [category: コリドラス
もう1匹追加
先日うちにやってきたレイノルジィ4匹で、
もうコリの追加はしばらくないなぁと思いきや・・・

更に1匹レイノルジィを迎えてしまいました( ̄▽ ̄*)♪

100417-7.jpg

カッチョイイはずの背ビレをぺた~んと畳んでますが、
お店でもこんな感じだったので、慣れるまで時間かかりそうですね。

以前から近くのお店に探してもらうようにお願いしていたのです。

でも、待てど暮らせど問屋さんでも見つからないらしく、
ついに私も待ちきれずにネット通販しちゃったワケなのです。

が、うちにレイノルジィが届いて1週間後くらいに、
お店から「レイノルジィ入荷しましたよ」と連絡が。

あらら・・・探してもらうのを止める連絡をしていませんでした(>_<)

というか、それまでゼンゼン見つからなかったので、
そんなに急いで連絡しなくても、次にお店に行った時に、
口頭で伝えればいいか、くらいに呑気にしていました。

でも、私がお願いして仕入れてもらったのだから、
一応見るだけは見ておかないと、とお店へ。

で、店員さんにはネットで買っちゃったことは伝えたうえで、
オスがいるなら1匹だけ買うことに。

どうやら先陣4匹のレイノルジィは、最低2匹はメスと思われ、
しかも腹ビレを見ると4匹とも同じ丸い感じがする・・・
え・・・全員メスですか?という一抹の不安が( ̄■ ̄*)

もう、デビさんのハーレム状態を経験している手前、
1匹でもオスをっ!!!オスをっ!!!とすがる思いで。

お店に入荷していた3匹のうち2匹はオスということで、
腹ビレを見ると、家にいる4匹とは明らかに違う形です。
ソレを見てなおさら家の4匹の「全部メス説」が濃厚に感じ、
余計にオスを追加しないと、という気になりました。

腹ビレに関しては、元いた水槽の底砂でスレている場合もあるようなので、
一概には言えないみたいですけどね。
でもオナカふっくらさんの2匹はメスっぽいので、
メスよりもオスが多い方が繁殖しやすいらしいし、
保険で1匹追加してみました。
ほら、4匹とも万が一メスだったとしても、1匹だけでもオスがいれば、
私の心が安らかでいられる、ていう飼育者寄りの思いです。

これでレイノルジィも5匹になってしまいましたねぇ( ̄ー ̄*)
いつのまにか60コリドラ荘は14匹という大所帯ですヨ。

14匹と言ってもそのうちの9匹(アクセルとゴッセイ)は
30~35ミリのチビっ子なので、まだ狭い感じはないのですが。

でも、コレが全員めでたく大きくなったら・・・

カナーリ窮屈になりそうですね。
ま、そうなったらなった時に考えましょう。<楽天的思考

45コリドラ荘のデビさん5匹を含めると、
総勢19匹ものコリドラスを飼っていることになります。

いつの間に私ってば・・・

初めは3匹でもおっかなびっくりだったのに、
あれから飼育スキルがそれほど上がったワケでもないというのに、
大丈夫なんでしょうか、こんなに沢山のコリを飼ってしまって。

これからは水槽の調子を崩さないように気をつけて、
コリ達を丸々と太らせて大きく育てたいですね~♪

  [category: コリドラス
| HOME | next