FC2ブログ
あけまして!


もう既に4日ですが・・・

新年あけましておめでとうございます!

実家へ帰省していて昨日、戻ってきました~(^-^)

帰り道、凍結路面で車が1回転という恐怖体験をしつつ、
なんとかケガもせず警察にお世話にもならず、家へ辿りつけました。

コレでもう今年の厄は落ちたと信じ(^-^;)
一年、健康で楽しく過ごせたらと思います。

今年の目標は・・・

・コリドラスの繁殖を体験したい!
水槽を増やさない←自身ナシ

というところでしょうか(^-^)

ちなみに、今日で水槽生活ちょうど100日目です!メデタイ!

今年一年、水槽生活を続けられるかどうなのか、
自分でもワカリマセンが、めいっぱい水槽生活を楽しみたいです♪


スポンサーサイト



  [category: コリドラス
マジックリーフを入れた!


入れた入れた~♪憧れのマジックリーフゥ♪

外掛けフィルターとガラス壁の隙間にキュッと挟んでいます。
いえ、実は挟んでいるのはヒーターのコードだったり(^-^;)

画像は入れたばかりですが、ひと晩経ったら水に少し色が着いて
うっすらブラウンウォーターでした。

コリ達は、微妙に水質が違ってきているのを
気づいているのかいないのか。
前まではしなかった移動し始めにクイっと体をひねって、
底砂やトンネルに擦るような行動をするようになったので、
寄生虫?と心配になっています(>_<)

年も明けたことだし、とっととコリドラ荘へ引越し、とは思いつつ、
コリドラ荘の大石をのけてしまおうかどうしようか、悩み中。
大石があると、底砂掃除ができない部分が多くなるので、気になる。

コリ達のことを考えると、掃除が満遍なくできるレイアウトが一番、
なんですよねぇ。

  [category: 水槽アレコレ
コリ増やす計画
デヴィさん達、ごめんなさい。
ワタシ、浮気します・・・

デヴィッドサンジィが3匹、わが家に来てから、
水槽が小さいのと、初めてのコリなので慎重に観察したかったので、
他の種類のコリドラスを増やしたい、とは全く思いませんでした。

増やすなら同じデヴィさんを、とは思っていたので、
当初、ショップへ探してもらうようにお願いしていたのをそのままに、
もし入荷の連絡が来て良い子がいたら追加しようと考えていました。

同じ種類のコリを3匹も飼っていれば、気が済みそうですが、
「3匹だとデヴィさん寂しそう&デヴィさんもっと沢山いたらカワイイよね」
という妄想に捕りつかれ、コリバカ街道まっしぐら。

が、ここにきて、ちょっと浮気ゴコロが出ちゃいました。
気になる子ハッケンハッケン♪

ホラ、コリドラ荘はちょっと広くなるのでね、
広さの余裕=ココロの余裕ってことで(^-^;)

狙っているのはまだナイショ・・・お迎えしたら紹介しますネ!
ぜんぜん珍しい種類ではないのですが、
最近は「いつもお店にいる」というのではなくなったとか。

お店には入荷したばかりのチビっこいのが5匹いましたが、
あまりに落ち着きが無いので、お店で1~2週間様子を見るということで、
3匹だけよけておいてもらうことに。

購入予定の3匹をナカナカ選べないでいると、
店員さんが「じゃぁ5匹ともよけておきましょう!」と言ってくれ、
ちょっとラッキー♪( ̄ー ̄*)
だってっ!小さいしチョコマカ動くしで、よく見えないんだもの(>_<)

実は、そのスグ下の水槽にデヴィさんと思われる2匹を発見していて、
店員さんに「コレってデヴィットサンジィ?」と尋ねると、
「あ、お電話いただいた方ですか?」とバレてしまいました(^-^;)
デヴィさんを欲しがる人が、そうそう同じショップに来ない、ですよね。

どうやら10匹仕入れたデヴィさんのうち、生き残ったのがその2匹だけで、
しかもその2匹もナカナカ餌を食べないらしいです。
なんとか他につられて食べるようにと、
集団ハブローススと一緒の水槽に入っていましたが、
それでもまだ食べないみたいですねぇ。

ウチでもずっと食べてくれなかった事を考えると、
デヴィさんてば、結構神経質なカタだったのね・・・うぬぬ。

その2匹はいかにも「ゴハン食べてません」と言わんばかりの、
ひょろーっとした体形で、見るからに弱々しい・・・。
体色はまっ白けで黒バンドとのコントラストは良いのですけどね(^-^;)

それから比べたら、ウチの3匹はスゴク太っちょに見えますヨ。

その子達もちゃんとゴハンが食べれて回復してくれたら、
ウチにお迎えすることになるのかなーと思うけれど、
果たしてどうなることやら・・・

というかですね、そんなにいっぺんにコリドラスを増やしては、
お財布に暴風雪が吹き荒れるのですが(T-T)

デヴィさん追加&新しいコリ追加が同じタイミングで来るなんて、
ちょっと想定外です。

じゃぁ、新しいコリ追加を見送る?

それはできない相談です( ̄ ^ ̄*) <ナニサマ?

  [category: コリドラス
ミナミさんが孵化してた!

実はおととい、5匹いるミナミさんのうちの♀1匹が★になり、
ちょっとヘコんでいました。

★になった子は、もう1匹の♀が抱卵した時に、
同じように卵巣が発達していたのに、ナゼか抱卵しなかった子で、
その後、発達していた卵巣は小さくなり、あれれ?と思っていました。
もしかしたら、健康上に問題があったのか、
水槽の水が悪すぎて耐えられなくなったのか・・・(それはコワイ)

そんな昨日、なんの目的もなく水槽の背面に挟んである
マジックリーフの裏側を観察。
「あんたヒマ人?」という声が聞こえてきそうですが、
単に「ミナミさん(大人)とかゴミが入り込んでないかなー」と思って。

で、結局そんな隙間には誰もいなかったワケですが、
コリ達にあげているフードの食べ残しと思われる、
小さいゴミを3つほど確認。

「ああ、小さいゴミは挟まっちゃうよねぇ」と思いつつ、
目を凝らしてみると・・・動いてる?

一瞬アカヒレ稚魚の時のことを思い出し「もしかしてチビコリ?」と
脳裏をよぎりましたが、んなーぁこたぁない(-。-)

で、よくよーっく見てみると「エビじゃんっ!」

そう、もっすっごい小さいゴミが、ちゃんとエビのシルエットです。

当然、マジックリーフの裏側ですから、ハッキリなんて確認できません。
「シルエット」でしか判断できませんが、明らかにエビ。

しばらく見ていたら、1匹が手前側に出てきたので、
無理を承知で撮影。

100109-2.jpg

ボケボケでなんだかワカリマセンけど、初稚エビってことで(^-^;)

実は、12月に抱卵したタマゴエビ(わが家での抱卵エビの呼び名です)は
抱卵から1週間経ったころから抱いている卵が目に見えて減少し、
年末にはもう10個以下にまでなって、スカスカでした。

オットとも「頻繁に水換えをするから仕方ないね」と言って、
年末年始まる3日、家を留守にして戻ってみると、
もうキレイサッパリ卵なんてどこに?てくらい何も無い。

100109-1.jpg

まぁ、残念だけど次回に期待するしかないね、と本当に諦めていたところに、
稚エビ発見!でびっくり~♪

抱卵から孵化までは積算温度が620度という情報を見ていたので、
孵化するのは12日頃かと思っていたのが、
仮に7日に孵化していたとしても20日くらいで孵ったことになります。

発見した稚エビは既に2ミリくらいになっているので、
もしかしたら年明け早々に孵ったのかも・・・
と書いていて気づきました。

『お正月が大潮&満月』だったことに。

おそらく、そのあたりで孵ったのかもしれませんね。

どちらにせよ、思ったより孵化が早かったのは、
卵や親の栄養状態や健康状態にも左右されるのか、
人によっては2~3週間で孵るという人もいるので、
コレくらいで孵化するものなのかも。

今のところ発見した稚エビは3匹だけなのですが、
年末に残っていた卵の数からして、こんなものかと。

抱卵した時は、もうオナカに溢れんばかりの数の卵を抱えていたので、
「全部孵ったらどうしよー♪(ウレシイ)」と期待していましたが、
脱卵する原因は水質悪化だったりするようなので、
エビにとっては、最悪な水質だったのカモ知れません、気をつけねば。

今、ミナミさん達は25水槽にデヴィさんと同居中なので、
稚エビ達がデヴィさんに食べられる危機よりも、
水換え時に私にプロホースで吸われる危険の方が高いかも知れない。
一番の捕食者アカヒレ達は、幸いコリドラ荘にいるので、
できれば3匹の稚エビには育ってもらいたいですねー。

  [category: ミナミヌマエビ
新入りコリドラス♪


早速ですが(^-^;)新しいコリをお迎えしました~♪

どなたもご存知『ゴッセイ』さんです。

3匹お迎えしたのですが、5匹の中から色あいや、
まだよく判らないですけど頭(顔?)に模様が出そうな子を選んだら、
♀2♂1となってしまいましたが、
ゴッセイはまだ入荷するみたいなので、♂が欲しければ、
追加できるだろうと。

家にいるデヴィさんから比べたらものすごい小さいです。
3センチくらいですかねぇ。

ゴッセイは確か6センチくらいにはなるみたいなので、
地道に大きくなってくれればと思いますー。

お店では混泳していたので、あまりエサを食べれていなかったようですが、
病気で食べれていないのでなければ、
単独飼育になれば食べることはできるでしょう。

今日、フードを4粒くらいあげてみたら普通に食べていたので、
おそらく大きいコリタブは食べにくかったのかもしれません。
まだ小さいですからねぇ。

今回はトリートメント水槽は立ち上げず、
2~3日はプラケで様子をみて、
虫など付いていないようなら、25水槽へ入居させる予定です。

前回、特大プラケでトリートメントして、
よく観察できなかったので、今回は小さいプラケで、
マジマジと観察できるようにしてみました。

プラケ小さいので投げ込みフィルターも入れていないので、
水質悪化だけが心配。

毎日、底面掃除と1/3水換えするとします。

そうそう、今回『フローティングプラケ』を作ってみました。
冬期間はヒーターを使わないで済むように、
本水槽に浮かべて暖をとろうという魂胆です。

フローティングプラケについてはまた後日!

100110-2.jpg

  [category: コリドラス
フローティングプラケ


今回、ゴッセイさんの水合わせから様子見まで、
ご覧のようにフローティングプラケを使っています。

とあるアクア先輩のBLOGで知って「コレは試してみよう!」と、
作ってみたら、とっても使い勝手が良かったのでご紹介♪

「そんなの知ってるよー」という方も多いでしょうね。

材料は100均で買える発泡性のカラーボードと、
お好きなサイズのプラケのみ。

100111-2.jpg

ボードが緑なのはコレしかお店に無かった、ので仕方なし。

注意したいのは、ボードの厚さは10ミリはあった方が良いです。

最初、5ミリ厚のボードで作って、水槽とプラケの水面が近くなり過ぎて、
下の画像のように、急きょ2枚仕様にしたという経緯あり。
2枚仕様でも使えないことはないですけどね。

100111-3.jpg

10ミリ厚のボードで作れば、プラケの水位をボードの下に合わせれば、
安定するので、多少の水流があってもひっくり返ることはなさそう。

冬は、水合わせや様子見でプラケに入れるにも、
ヒーターが必要になるけれど、プラケが小さいと湯銭保温も面倒だし、
小プラケ1個くらいなら、水槽に浮かべた方が便利です。

調子に乗って『フローティングカップ』と『フローティング茶漉し』も
作っちゃいました(^-^;)

フローティング茶漉しは、その名のとおり、
急須内で使う大き目の茶漉しを使うのですが、
いつか何かの役に立つかと・・・(今のところ使用予定ナシ)

フローティングカップは上の画像のものですが、
今はアカヒレ稚魚を隔離して浮かべて使っています。

稚魚が沢山生まれちゃった時なんかは全然間に合わないですが、
一時的に隔離したい、とかなら役に立ちそうかなと。

水槽のフチにクリップで容器を留めると、
フタを閉められないので、コレだとフタを閉めることができて、
なお良し!です(^-^)



  [category: 水槽アレコレ
コリ、アカヒレに負ける
祝日の月曜にゴッさんとデヴィさんの引越しを行いました!

デヴィさん達は、きっとエサを入れても怖がって食べないだろうなと思い、
1日エサ抜きとなりました。

翌日、さすがにオナカが空いているだろうと、
アカムシを投入してみると、方々散り散りの場所にいた3匹は、
珍しくスグにアカムシ近くまでやってきました。

それでも『アカムシに一番近い水槽の隅』に
3匹でかたまっているだけで、一向に食べようとはしません。

スグに食いつかないのは、いつものことですけどね。

すかさず、先に引っ越していたアカヒレ達が、
我がもの顔で底砂ギリギリまでやってきて、アカムシを狙います。
「え?あなたたち低層魚?」てくらい低層を這い回ってます、ハイ。

もう、デヴィさん達ギリギリまで寄って、
まるで威嚇しているかのようにも見えます。

そうこうしているうちに、
アカムシは全てアカヒレに食べられてしまい、
デヴィさん達の口には一本たりとも入らずにハイ終了。

100113-1.jpg

遠巻きに見ていた私は
「おバカ・・・食べたいから近くまで来たんでしょう^^;」
と、もうガックシ呆れてしまいました。

デヴィさん達にしたら、今回はとっても早い行動でしたよ、
よっぽどアカムシを食べたかったのでしょう。

でも、アカヒレの貪欲食欲の前には、デヴィさん達の巨体も、
「やーい弱虫~」とアカヒレがせせら笑っているかのようでした。

正直、今回はアカヒレに殺意を覚えました( ̄- ̄#)

が、アカヒレも同じ生き物、食べないと死活問題ですから、
仕方ないですこればかりは。

それで、ふと思い返すと、以前25水槽で混泳していた時に、
「デヴィさん達、やっとアカムシ食べてくれるようになった♪」と
1人喜んでいた私ですが、ソレって殆どがアカヒレが食べていたんじゃ・・・

どうりで、アカヒレがコリドラ荘に移ってから、
デヴィさん達がみるみる太ってきたのは、そういうことだったのかも。

ということは、しばらくの間はデヴィさん達には、
満足にアカムシが当たっていなかった可能性も大きいです。
(そこそこ食べていたのは確認できています)

と、悩んだ末に、チームアカヒレを25水槽に戻して、
コリドラ荘はデヴィさん単独にしようかと考え中。

ゴッさん達ならデヴィさん達とは違って、
アカヒレに対抗してエサを食べられそうだし。

こんなこと言ったら怒られちゃいそうだけど、
誰かアカヒレを貰ってくれないかなぁ(^-^;)
1匹15円の魚を、誰もわざわざ欲しいなんて言う人いないよねぇ。
いたとしたら大型魚のエサとして、でしょうね。

私のような初心者が水槽立ち上げ時に導入するには、
アカヒレは強いのでピッタリな生体ですが、
こうも食欲が底なしで、見境なく食べまくるのは困りものです。
デヴィさんのように神経質というか、臆病な子との混泳は、
ちょっと厳しいなぁと感じています。

負けずにエサを取り合える子なら、問題はないのだと思いますが。

25水槽のゴッさん達とも、もし折り合いが悪いようなら、
いよいよチームアカヒレの存亡の危機かも?!

  [category: コリドラス
ゴッさん元気!
デヴィさんを迎えてから2ヶ月あまり、
初めてデヴィさん以外のコリ追加で迎えたゴッさん達。

コンコロールとも一瞬迷ったのですが、
先輩方のBLOGで綺麗なゴッセイ画像を見ているうちに、
もうコレはゴッセイしかないかなと(^-^)

寄生虫も見える範囲には付いていないようなので、
晴れて25コリドラ荘(25水槽にもコリドラ荘を命名!)に入居して、
ビビる様子もなくとにかく動く動くっ!

お店でも水槽壁面を上へ下へとせわしなく泳いでいましたが、
ウチでもやってます、しかもずーーーっと。

で、餌を探す時と、時々一瞬だけ休憩に止まるけれど(^-^;)
殆どの時間はこの壁面上下運動をしています。

疲れないの?

というか、そういう動作って病気の場合がある、と
どこかで読んだ気がして気になるけれど。

じゃぁ、お店でその行動をしていたのにナゼ買った、
と言われればそれまでで。

ウチに連れてきて混泳種がいなくなって数が減れば、
落ち着くかもと思ったのですー。

環境に慣れるまで1~2週間は様子見ですね。

それにしても、デヴィさんが殆ど動かないのに対して、
ゴッさんの動きっぱなし、という極めて対照的なコリ達。

ミナミさん達も、デヴィさんと同居していた時にはそんなに危険は無かったのに、
今ではゴッさん達の激しい動きに巻き込まれて、
たまに「ばびゅーーーん」と突き飛ばされたり、
ツマツマお食事中のところに「どーーーん」と体当たりされたり。

ミナミさん、受難の年明けでチョット可哀想です。

チョット動画を載せる練習ですー。

ゴッさん達の食事風景を撮ってみました。
エサ投入してスグに寄ってきて食べてくれるって楽しい♪
デヴィさんでは味わえない喜びです(T-T)

動画はテストなので最後まで代わり映えない画でアシカラズ。
いまいちピントも合っていないカモ・・・( ̄□ ̄;)



  [category: コリドラス
エサをパウダー状に!
先週、水換え時に吸い出してしまい、
せっかくなので、とアカヒレの稚魚を隔離中です。

密かにベビーラッシュなコリドラ荘。
25コリドラ荘ではミナミヌマエビの稚エビが、
45コリドラ荘ではアカヒレの稚魚が孵化していました。

肝心なコリドラスは・・・ゼンゼンその気配すらありません、残念。

で、アカヒレ稚魚を隔離したからにはエサをあげなければ、と
手持ちのフードをパウダー状に砕いてみる。

すでに細かい『めだかの餌』とコリ用の『ff num』を混ぜて、
小さい陶器の器に入れて、プラスドライバーの先で地道にコツコツゴリゴリ。

乳鉢がほしいところですが、「そんなに使うか?」というギモンも。

このアカヒレ稚魚が大きくなったら、もうエサを擂り潰す必要はなくなるし、
しばらく頑張ってドライバーの先でゴリゴリします。

今回、フローティングカップの中に飼育水で育てていますが、
4匹とも日々、目に見えて大きくなるので面白いです。
前回は、カルキ抜かない水道水で育てるというアラワザの結果、
シラス化させてしまった経緯があるので、
今回、こんなにスクスクと育っているのがウソのようです。

でも、今いる5匹のアカヒレから更に増えても困るのだけど、
1度くらいは稚魚を育ててみたいじゃない、という矛盾。
4匹とも立派に育っちゃったらどうしましょう。

おそらく孵化後1週間くらいで全長3ミリほどになりました。

100116-1.jpg

通水が無いので、毎日の残餌掃除と少量水換えはしていても、
どうしても水が澱んでしまうのですが、
結構ドロッとした水でも落ちることなく元気なのにはビックリです。

もう少し大きくなったら、アカヒレ成魚のいなくなった45コリドラ荘の方に、
放すつもりです、敵はいないので悠々と育つでしょう、おそらく。

アカヒレの幼魚はランプアイのごとくキレイらしいので、
それを一度見てみたいのもあって今回、稚魚を育てています。

前回、稚魚育てに失敗しているので、今回は頑張って育てたいです♪
  [category: アカヒレ
混泳ってムズカシイ


45コリドラ荘では、せっかく広い水槽になったのに、
デヴィさん達はとにかく隅っこでジーっとしています。

最近特に、アカヒレが底モノ化していて、
コリ用に入れたフードを狙って、砂まで掘る始末・・・エサあげてるよ?

しかも、デヴィさんのスグ横で停止したり、ナニカ勘違いしているモヨウ。

というか、デヴィさんの側にいるのは大抵メスのアカヒレで、
おそらくオスのアカヒレから身を守るために、
大きくて動かないデヴィさんの側にいるようにも見えます。

まぁ、とにかくアカヒレの天下となってしまっている水槽なので、
このままでは本当にデヴィさん達がストレスと飢えでやせ細ってしまいそう。

100117-1.jpg

それで25コリドラ荘へアカヒレ達は引越し!

したのですが・・・今度はゴッさん達を仲間と間違えて追いかけたり、
つつこうとしたりするので、見ていてハラハラします(>_<)

ゴッさん達はまだアカヒレ達と同じか小さいくらいなので、
アカヒレが仲間同士で追いかけっこしている所に巻き込まれると、
殆ど区別がつかない状態なんですよねー。

ゴッさん達がもう少し大きかったら、そんな心配も無さそうですが、
アカヒレの方が大きかったのは誤算でした・・・。

ちょっとゴッさん達がいじめられないか心配(>_<)

  [category: コリドラス
| HOME | next